ゴキブリ駆除業者は悩める人の救世主|暮らしを救う味方

男の人

住宅につく害虫駆除

住宅

木造の家に巣食う害虫

木造の家には、シロアリなどの害虫の心配がつきものです。シロアリは枯れた木や腐った木に巣を作り、ものすごい数の集団を作ります。屋根裏や床下など、人の目から見えない部分に巣を作るので、気づかないうちに被害が進行しているということがほとんどです。新築だからそんなに虫の被害は進行しないだろうという考えは禁物です。シロアリは古い木の方を好むという特徴がありますが、まだいい香りのするような新しい木材でも、シロアリは大きな顎でどんどん食い尽くしてしまいます。出来れば2、3年に一回くらい、駆除業者に家の屋根裏や軒下を点検してもらっておくと、もし被害があってもすぐ対策でき、被害を最小限に抑えることができるので安心です。

害虫の種類と駆除方法

日本に生息しているのはヤマトシロアリとイエシロアリという種類があり、日本の家に被害を与えているのはこの2つが主な種族です。ヤマトシロアリは湿った地面の中に巣を作って生息しています。駆除するには住宅や木材自体だけでなく、床下や庭の地中にも薬品を散布したりして根絶させる必要があります。イエシロアリは木材を食い尽くして巣にしています。そのため、被害が見た目にわかりやすく、被害が甚大になるのが特徴です。シロアリを根絶させるには季節も重要です。冬は行動が鈍くなりますが、冬眠はしないので一年中対策を考える必要がありますが、冬に徹底的に駆除しておくと、行動が大きくなる春や夏に大きな被害を避けることができます。